ホットヨガの呼吸法とは?(ホットヨガお役立ちコラム)

ホットヨガのカルド 事前予約不要・駅チカ・安心の低価格月会費制・豊富なスタジオプログラム

 

ホットヨガお役立ちコラム

ホットヨガの呼吸法とは?

私たちが毎日無意識に行っている呼吸は、実は健康や美容に深く関わっていることをご存知でしょうか? ヨガではその呼吸法に重点をおいており、さまざまなやり方が取り入れられています。ホットヨガもヨガと同様に呼吸法を大切にしているので、効果的な呼吸方法を知ってホットヨガの効果を最大限に引き出していきましょう。

全身の細胞に酸素を届ける役割を持つ呼吸

私たちは日ごろ、特別な意識をせずに呼吸をしています。呼吸をすると酸素が体内に取り込まれ、酸素が血液の中に入り全身の細胞に届けられます。

特に深い呼吸をすることで、血液中の酸素量が増え、細胞に酸素が行き渡り活性化。老廃物が排出されやすくなるという効果も期待できるようです。ほかにも、深い呼吸により心が落ち着き、リラックスした気持ちになると言われています。

自律神経の働きもコントロールできる呼吸法

呼吸は、生命維持機能の中でも自分自身でコントロールが可能な器官で、正しい呼吸法をマスターすることで、自律神経の働きをコントロールすることができます。ストレスが溜まっていてリラックスしたいときには副交感神経を優位に働かせる腹式呼吸をし、活動的なタイミングでは交感神経を優位に働かせる胸式呼吸を取り入れて、自律神経のバランスを取ります。

中でも、ヨガで使われる呼吸法は流派や運動の強度によってさまざまで、胸郭を大きく開きながら行う胸式呼吸や、お腹を膨らませて行う腹式呼吸などの呼吸法を使い分けたり、互いに組み合わせたりしています。

ホットヨガでよく使われる呼吸法とそのやり方

上記で、呼吸法の大切さをご説明しましたが、ホットヨガにおける深い呼吸も大変重要視されています。ここでは、ホットヨガでよく使われる「胸式呼吸」、「腹式呼吸」、「丹田呼吸法」、「ウジャイ呼吸法」をご紹介します。

・胸式呼吸

方法:胸式呼吸とは、お腹をへこませた状態で息を吸い込み、胸郭を左右に大きく開きながら行う呼吸法です。胸は吸い込まれた息により自然に膨らみ、吐くことで元に戻ります。

効果:胸式呼吸をすることで交感神経が優位に働くため、心と体が緊張状態や活動状態におかれることになります。また背筋を伸ばして呼吸することで、背筋が伸び姿勢が良くなります。朝に行うことで目覚めがスッキリすることもあります。

・腹式呼吸

方法:腹式呼吸とは、横隔膜を下げるようにしてお腹を膨らませながら行う呼吸法です。お腹の膨らみは息を吐きながらへこませることで戻します。

効果:副交感神経が優位に働くので心身をリラックスした状態にし、体をクールダウンさせます。
ゆったりした気持ちになるため、ストレスの解消に役立ちます。

・丹田呼吸法

方法:丹田呼吸法とは、「丹田」というおへそからこぶし一個分下にいった場所を意識しながら行う呼吸法です。息を吐くときに丹田から息を出すイメージで行います。そして少しずつ気管支まで息を移動させるような気持ちで吐き出し、息を吸うときは丹田へ呼気を送り込むイメージで行います。

効果:横隔膜が鍛えられ、免疫力が高まり自然治癒力が働くと言われています。血液の巡りが良くなり体が温まることも。

・ウジャイ呼吸法(勝利の呼吸)

方法:ウジャイ呼吸法とは、お腹に力を込めた状態で、あごを引き細くなった気道に息を送り込むようなイメージで行う呼吸法です。息をしているときに空気がのどを通る音が聞こえるので、この音に意識を集中させます。

効果:内蔵の働きを活発にしたり、気持ちを落ち着かせる働きがあると言われます。

呼吸法は、体を温めたり感情を落ち着かせたりといったさまざまな面から役立ちます。ホットヨガと呼吸法は切り離すことができず、ポーズがとれても呼吸法ができていないと十分な効果を発揮することができないとも言われています。ポーズと合わせて呼吸法もマスターし、ホットヨガの効果を最大限に発揮しましょう。