ホットヨガは毎日したほうが効果的なの?(ホットヨガお役立ちコラム)

ホットヨガのカルド 事前予約不要・駅チカ・安心の低価格月会費制・豊富なスタジオプログラム

 

ホットヨガお役立ちコラム

ホットヨガは毎日したほうが効果的なの?

ホットヨガは、室温を38~40℃、湿度を55~65%に調整した空間の中で行います。身体が温まり、デトックス効果や免疫力アップなど身体に良い影響をもたらすため、毎日でも行いたくなるもしれません。

では、ホットヨガは毎日行ったほうが効果的なのでしょうか? それとも回数を抑えた方が良いのでしょうか?今回は、一般的にホットヨガはどのくらいの頻度で行うのが理想的なのか、目的に合わせてご紹介します。

目的によって異なるホットヨガの通い方

ホットヨガをスタジオで行っている人であれば、さまざまな目的を持って通っています。例えば、筋肉トレーニングを兼ねてパワーヨガの要素を取り入れて行う人や、リラクゼーション目的でアロマヨガを行う人など、目的が違えばスタジオに通う頻度やタイミングも異なります。

自分の目的のプログラムが、どのくらいの頻度で通うと最も効果を発揮しやすいのか、きちんと把握してスタジオに通うようにしましょう。

ホットヨガを毎日通うケース、数日おきに通うケース

・毎日通うケース

ホットヨガのゆったりとした動きは身体をリラックスさせる効果があり、同時に心にも安らぎを与えます。心身のリラックスは日常的なストレスの軽減にもつながります。

毎日通ったとしても、リラクゼーション目的のホットヨガはあまりハードなポーズをとらないので、身体への負担も比較的少ないようです。

ただし、初めてホットヨガに挑戦する人などは、ホットヨガ後に疲れやめまいを起こすことがあるので、体調に合わせて通うようにしてください。

・数日おきに通うケース

筋肉トレーニングを目的とするのであれば、筋肉増強のためには毎日通うのではなく、2日から3日おきに通うのがおすすめです。これはホットヨガに限らず、自宅での筋肉トレーニングやトレーニングジムにおいても共通することですが、筋肉を発達させるには、筋肉を破壊し、再生しなければなりません。

そのため、ホットヨガやトレーニングをした後は、休息時間を設けて筋肉を修復させてあげなければならないと言われています。

ホットヨガに通えない日のセルフメンテナンス

ホットヨガに通えない日には、身体を温める食べ物を積極的に摂ると良いでしょう。また、冷えを感じやすい足元は、日中であれば靴下を履き、足首を回したり足裏を叩いたりするなどして身体を冷やさないことが大切です。

夏の暑い時期には、部屋を冷やしすぎることがないように、エアコンの温度設定にも充分注意してください。このように身体を内側と外側から温めることで、ホットヨガを行わない日でも体調を整えることができます。

また、ホットヨガと同じく有酸素運動であるスロージョギングもおすすめです。スロージョギングは、通常のランニングより遅く、歩くようなペースで1日30分程度走るものなので、ホットヨガのように全身の血行がよくなりデトックスやダイエット効果が期待できます。ホットヨガスタジオに行けない場合に、ぜひセルフメンテナンスとして試してみてください。

ホットヨガに通えないときのセルフメンテナンスをご紹介しましたが、これらの方法はあくまでもホットヨガを行えないときの代わりとしてやると良いものなので、できるだけホットヨガスタジオでレッスンを受けるのがおすすめです。