ホットヨガのやり方は?流れを知ろう(ホットヨガお役立ちコラム)

ホットヨガのカルド 事前予約不要・駅チカ・安心の低価格月会費制・豊富なスタジオプログラム

 

ホットヨガお役立ちコラム

ホットヨガのやり方は?流れを知ろう

これからホットヨガを始めるという人にとっては、レッスンがどのような流れで進んでいくのかという点は気になるところだと思います。

ここでは、初めての方でも安心してレッスンが受けられるように、ホットヨガの基本的な流れややり方と、スタジオでの注意点についてご紹介していきます。

レッスン当日はゆとりを持ってスタジオへ

レッスン当日はゆとりを持ってスタジオへ

ヨガは気持ちを落ち着かせて行うものなので、レッスン当日は時間にも気持ちにもゆとりをもってスタジオに行きましょう。

また、最初は設備やシステムなど慣れない点も多いので、着替えなどの準備に時間がかかる可能性があります。スタジオへはできるだけ時間に余裕を持って向かうようにしましょう。

そして、スタジオに到着したらまずトイレに行くことをおすすめします。ホットヨガは代謝が良くなるためこまめに水を飲みながら行います。いつもよりトイレが近くなる可能性がありますので、事前に済ませておくと安心してレッスンに臨めます。

水にタオル……持ち物の最終確認を!

着替えが終わってスタジオに入る直前に、持ち物(水とタオル)の確認を。レッスンが始まると再入室ができないスタジオも多くあります。

レッスン中は大量の汗をかいて、その分水分を補給していくので、水は、1リットル~2リットルのものを準備しておくようにしましょう。

ほとんどのスタジオで水を販売しているので、自宅から持参するのが面倒な場合や万が一持参していない場合でも、その場で購入できるので心配はいりません。

そして、タオルは大判のバスタオルとフェイスタオルの用意が必要です。スタジオによっては、ヨガマットの上に持参したバスタオルを敷いてレッスンを行うところもあります。
レッスン中は大量の汗をかくため、汗を拭うためのフェイスタオルは必須。汗をかきやすい人は大きめのタオルを準備しておくのがよいかもしれません。

さらに、メガネの方は、スタジオに入るとレンズが曇ってしまう場合があるので、できるかぎりコンタクトレンズに代えることをおすすめします。難しい場合は曇り止めのスプレーなどで対策を。ヨガのポーズによってはメガネが邪魔になることもあるので、外した時のことを考えてメガネケースを準備しておくと便利です。

ホットヨガレッスン中の心得

レッスン中はこまめに水分を摂るようにして、普段よりも意識して呼吸をするようにしましょう。慣れていないと、ついポーズを取ることに気を取られてしまって、呼吸をすることを忘れてしまうことがあります。スタジオ内は高温多湿に設定されているため、息苦しさを感じて気分が悪くなってしまう場合があります。

ホットヨガは、他のスポーツに比べると激しい動きが少ないため簡単に行えると思う人が多いようですが、高温多湿という普段とは違う環境の中での動きに疲れを感じる人もいます。もし、途中で疲れてしまったり、身体に痛みを感じて行えないポーズなどがあった場合は、無理せずその場で休むようにしましょう。ただし、休んでいる間も呼吸と水分補給は忘れないようにしてください。

そして、レッスンを終えたら仰向けになって目を閉じます。これは、ヨガのポーズのひとつで「亡骸(なきがら)のポーズ」と言います。心身のあらゆる症状に有効とされるこのポーズは、2~3時間の睡眠に値すると言われるほどのリラックス効果をもたらします。

ポーズを取っている間は全身の力を抜いて身体を休めますが、実は全身の力を一気に抜くことはなかなか難しいもの。目をつぶった状態で自分の身体をイメージして、重力に任せるように行いましょう。

ホットヨガレッスン後は?

レッスン中はたくさんの汗をかくので、レッスン後にはシャワーで汗を流します。
ただ、たくさんの人が限られた台数のシャワーを使うために、譲り合って使用することを心掛けてください。また、溶岩ホットヨガ等でかく汗は、通常の運動でかく汗と異なり保湿効果があるため、一般的にはシャワーをあびない方が良いと言われています。

着替えた後は、しっかりと水分補給を行って、レッスンに関して疑問などがあれば、その場で担当のインストラクターさんに質問をしてください。