ヨガの種類について(ホットヨガお役立ちコラム)

ホットヨガのカルド 事前予約不要・駅チカ・安心の低価格月会費制・豊富なスタジオプログラム

 

ホットヨガお役立ちコラム

ヨガの種類について

インドを発祥の地として、4500年以上の歴史を持つヨガ。ヨガは時代の移り変わりと共にその時の流行などが取り入れられ、さまざまな形に発展してきました。

現代では、ひとことにヨガと言っても、種類が非常に多く、その種類によりレベルや運動量などが変わります。
これからヨガを始める人であれば、ヨガの種類を学び、無理なく続けられるものを選択することをおすすめします。ヨガの代表的な種類には次のようなものがあります。

ヨガの種類1:ホットヨガ

室温を38~40℃、湿度を55~65%に調整した空間の中で行うのがホットヨガ。ハタヨガの要素を取り入れたヨガですが、高温多湿下で行うためにポーズは限定的です。高温の中で行うホットヨガでは筋肉の可動域が広がるために常温下では身体の硬さから取りにくいポーズでも比較的楽に行うことができます。

また、筋肉のほぐれと共に血流が上がることから肩こりや腰痛にも効果的で、発汗量が多いためにヨガの中でも高いデトックス効果が得られます。ホットヨガの運動量は多いですが、身体への負担が少ないために、水分補給に気を付けることで初心者でも気軽に始められます。

ヨガの種類2:ハタヨガ

ヨガの呼吸法やポーズ、一連の流れなどヨガの基本を学びながら体験できるのがハタヨガ。体位、呼吸、瞑想を通してエネルギーを蓄えながら気を整えていきます。ハタヨガはさまざまなヨガの基礎となっているので、ハタヨガを学べば、ほかの種類のヨガにも挑戦しやすいと言われているほどです。運動量は決して多くはなく、初心者でも行うことができ、さらに呼吸とポーズから高いリラックス効果が得られるので、ストレスが溜まりがちな人や雑念を取り除きたい人におすすめのヨガです。

ヨガの種類3:アイアンガーヨガ

伝統的なヨガを解剖学や心理学の観点から改良進化させたのがアイアンガーヨガ。ひとつひとつのポーズを長時間キープするという特徴があるために、集中力を養うことができ、瞑想により自分自身と向き合うことで心身の成長や回復を助ける作用があります。ベルトやロープ、椅子などの道具を使って、からだの柔軟性や身体的な問題をカバーしながら行うことができ、初心者からでも簡単に始めることができるヨガのひとつと言われています。

ヨガの種類4:パワーヨガ

運動量の多いアシュタンガヨガをベースに1990年代に創られた比較的新しいヨガです。ヨガはそれまでも知名度はありましたが、決して一般的なものではありませんでした。しかし、パワーヨガの誕生により、ダイエットや美容目的で実践する人が多くなり、ヨガ人口が増えたとも言われています。パワーヨガが重点としているものは筋肉トレーニングと瞑想。立ちポーズで構成されているため運動量は多いほうですが、筋肉への負担が少ないので初心者でも安心して体験できます。

ヨガの種類5:アシュタンガヨガ

ヨガの中でも比較的運動量が多く、ヨガの中~上級者向けです。アシュタンガヨガはヨガの中でも世界的に有名なヨガで、ポーズの順番や呼吸など世界共通であることが特徴。アシュタンガヨガは後述するパワーヨガの前身で、視線の動きを固定して一連の動きを連続して行っていきます。本格的なヨガのため、初心者の方やヨガにリラックス効果を求めている人は避けたほうが良いかもしれません。