03-3266-1153

体験予約

入会予約


スタッフブログ

朝ヨガと夜ヨガ★鼻呼吸と口呼吸

 

皆様こんにちは

カルド神楽坂店のえりなです

本日はどっちがいいのか分からない疑問を解決!!!

①朝ヨガと夜ヨガどっちがいいの?

 

朝から夜まで毎日のストレスや疲れは大きいものです。

朝のヨガ頭と体の目覚めを促し、自律神経を活発に活動できる交感神経に変えてくれます。
一日のスタートを元気で活力あふれるものにしてくれるでしょう。

生活をより積極的に精力的に行うために朝ヨガはあります。

夜のヨガ、一日の疲れやストレスを取り去って、自律神経を穏やかで落ち着きのある副交感神経に変えてくれます。リラックスして就寝時間を迎えられ、ぐっすりと眠ることができるでしょう。

ヨガは心と体を整えて、こうした一見相反するように見える効果をそれぞれのタイミングでもたらしてくれます。

またヨガは、食前の空腹時に行うようにします。
空腹時のヨガでは代謝も効率的になるため、老廃物の排出も促進されていきます。

 

②鼻呼吸と口呼吸どっちがいいの?

基本は主に鼻呼吸です

鼻から吸って吐く深い呼吸を行うことで、体を活動的にする交感神経と、心身の緊張をほぐす副交感神経が共に活性化し、自律神経のバランスが整うためストレスも軽減され心身にとても良い効果をもたらすとされています。       また、肺への負担を軽くするなど、鼻から息を吸うことで、鼻毛や粘膜がフィルターとなり、空気中のウイルスやほこりの侵入を防ぐ作用もあります。

口呼吸は口周りの筋肉に緊張を緩めたり、交感神経を活発にして集中力を高めるなどのメリットもあり、ヨガでも用いられます。日常生活において習慣になってしまうと、口やのどの乾燥などの口腔内トラブルや体の冷え、免疫力の低下などの健康を損なう可能性もあります。ヨガや他のスポーツで口呼吸を行うのは時に有効的ですが、日常化しないように日頃から注意が必要です。