011-221-6340

体験予約

入会予約

招待券の予約


スタッフブログ

呼吸の大切さについて(*^^*)

皆さま、おはようございますハート_m
いや~、予報通り朝から寒かったですねぇ~293838
 

そんな日こそ、ぜひホットヨガで暖まっていただきたいです(*^∀゚)ъ

hot_yoga
 

 

 

さて、今日は「呼吸」についてお話いたします♪

私P、日中仕事に集中していると、呼吸が浅くなっていることがあります。

 

無題P:「はい!!」

「ヨガを初めてから、深い呼吸をした方が良いとよく聞くのですが、
どうして深い呼吸をした方が良いのですか?」

では、私の疑問を解決していきましょう~images
少々お付き合いくださいあいうえお_m

 

①脂肪を燃焼させるには酸素が必要

 

私たちの体は、酸素を体内に取り入れて脂肪を燃やすしくみがあります!!
細胞からエネルギーを取り出すとき酸素が必要なのです。

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が良いと聞いたことがあると思いますが、
ランニングをするときは、鼻からだけではなく、口からも酸素をたくさん取り入れて、体についた脂肪をエネルギーに変えていくと効果的です*

呼吸が浅く短いということは、肺の中に酸素を取り入れる量が少ないということ。
生命の維持はできても、体内に充分な酸素が巡りにくくなり、エネルギー消費が少なくなってしまいます。

呼吸を深めることができるようになれば、有酸素運動に限らず、歩く、階段をのぼるなど日常生活の動作でもエネルギーを消費しやすい体になれます302772

 

 

 

②猫背姿勢だと呼吸が浅くなりやすい

 

呼吸が浅くなる主な原因の1つに「姿勢」があります!!
「猫背姿勢」「背すじを伸ばした姿勢」で、それぞれ深呼吸をしてみると、
背すじを伸ばすと胸が開き、深呼吸がしやすく感じると思いますあいうえお_m

 

背中が丸まって、肩が前に出た「猫背巻き肩」の姿勢を長時間とっていると、
胸が閉じて深い呼吸がしにくくなります。
デスクワークをしているとき、スマホを見ているとき、歩いているときなどに、猫背巻き肩の姿勢になっていませんか?
(なってるかも…(*゚Д゚*))

普段から背すじを伸ばした姿勢をとることが、呼吸を深める基本となります(*ゝω・*)ノ

 

 

 

 

③日中、ときどき「腹式呼吸」をしてみよう

 

人間の呼吸には、「胸式」「腹式」の2種類あります!!
日中、緊張モードの時間が続いて浅い胸式呼吸をしていると、酸素を充分に取り込めず、ダイエットにも悪影響が出ます。
ときどき意識的に深い腹式呼吸をしてみましょう。
深呼吸をすることは、ストレスのケアに効果的です。

 

※「腹式呼吸」のやり方は、簡単v(*’-^*)b


  1. 鼻から息をゆっくり吸いながら、お腹をふくらませる。
  2. 口から息をゆっくりフーッと吐きながら、お腹をヘコませる。
 

 

④帰り道の「深呼吸ウォーク」でドカ食いを防ぐ

 

帰宅後にストレスから食べ過ぎてしまうのなら、
帰り道に「深呼吸ウォーク」をするのがおすすめです!!

タン、タン、タン、タンという歩くリズムに合わせて、次のように深呼吸します。
  1. 4歩分、鼻からゆっくり息を吸う。
  2. 次の4歩分、口からゆっくり吐く。(歩数は、やりやすい数でOKです)

「歩行」「呼吸」は、リズム運動です♪
リズム運動をするとセロトニンという『幸せホルモン』が出るといわれます*

深呼吸ウォークは、「歩く」+「呼吸」の組み合わせなので、ストレスのケアにとても効果的★
(私も試してみてようっときらきら_m

 

今回お伝えした「姿勢を正す」「ときどき深呼吸する」ことは、簡単ですぐにできることなので、
呼吸を深めて、やせやすい身体を目指して頑張りましょうハート_m
woman2
 

 

1月限定イベント「来館スタンプ」の特典交換の期限が
2月10日までとなっております!_s 

 残り3日となりますので、お早目の交換よろしくお願いいたしますあいうえお_m

 

 

 

外はとても寒いと思いますが、

本日も皆様のご来店心よりお待ちしております天気_m

inspect_pic01_170401