ピラティスとヨガの違いとは?

2022年8月1日

「ピラティスとヨガの違いは何だろう?」どちらも人気のトレーニングでどちらを始めたら良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。
まずはピラティスとヨガの目的や成り立ちについて、ピラティスとヨガの目的や成り立ち・それぞれのトレーニング方法や得られる効果についてご紹介していきます。

●ピラティスとは?

ピラティスは、ドイツ発祥のエクササイズでジョゼフ・ピラティス氏が考案しました。元々は病弱だった自分自身の鍛錬の為、ヨガなど様々なトレーニングを研究し誕生したエクササイズで、後に看護師になりケガ人など身体が弱った人にも大きな負担をかけることなく行えるリハビリの目的で開発しました。ピラティス氏はその後アメリカに渡り、そのエクササイズがダンサー達に受け入れられ現在のピラティスにつながっていきます。
ピラティスは身体の深層部にあるインナーマッスルや体幹を使って身体を健康的に鍛えることを目的とし、「10回行うと気分が良くなり、20回では見た目が変わり、30回で全く別の身体に生まれ変わる」と言われています。
リハビリ用に開発されただけあって運動で使う筋肉ではなく、姿勢や関節のポジショニングのための筋肉を鍛えることでボディラインや骨格のゆがみを整えていきます。老若男女誰でもできるエクササイズになっています。

→詳細はこちら
【ピラティスとは -バランスの良い体づくりを目的としたピラティス-】

●ヨガとは?

ヨガは今から4500年程前の古代インドで誕生しました。現代のヨガはインドからヨーロッパに渡り身体を動かす健康法の側面が強くなったものが主流ですが、元々は身体よりも心に重点をおいていました。ヨガは「結ぶ・つながる」という意味があります。
古代のヨガ経典ではヨガの目的を「揺れ動く心を整えること」とし、呼吸法や瞑想を通じて心と身体を調和し、充実して幸せを感じられる状態に整えることを目指していました。そこからポーズと呼吸法を中心に、身体を動かすことで心身を整える現代のヨガの形ができていきました。
現代ヨガの多くは「ハタ・ヨガ」を基本としています。ハ(Ha)は太陽、タ(Tha)は月を意味して、陰と陽や静と動といった相反するものを調和しバランスをとることを目指しています。そこから多くのスタイルが生まれ、運動量の多いものやリラックス効果の高いもの、ポーズの形を追求するものなど目的に応じて選ぶことができます。

●ピラティスとヨガの違いはこれ!

ピラティスとヨガはどちらもマットの上で身体を動かして行うエクササイズですが、身体の動かし方や呼吸法、目的や得られる効果がそれぞれ異なります。
ピラティスは強くてしなやかな身体作りを目的としたエクササイズです。それに対しヨガは呼吸とポーズを通じて自律神経の働きを整えたり、精神的なリラックス効果に重点を置き、内側からしなやかな心と身体へと導いていきます。
それでは、具体的な違いについてみていきましょう。

ピラティスとヨガの違い①
身体の動き

ピラティスは身体の動きを止めることなく常に動いていきます。とくにお腹周りのインナーマッスルを意識する動きで体幹を強くし、背骨や骨盤などを正しい位置に整える動きで姿勢改善の効果が期待できます。ヨガは呼吸法から始まり最後はおやすみのポーズで休息します。
ポーズを行う間も、ポーズをキープしながら呼吸を感じる時間があります。ゆったりとした動きの中でリラックス効果を高めながらしなやかな心身へと整えていきます。

ピラティスとヨガの違い②
呼吸法

ピラティスは胸式呼吸で行います。吸う息で横隔膜が下がり、胸を広げるイメージで呼吸していきます。胸式呼吸では交感神経が優位になりリフレッシュ効果や、筋肉には適度な緊張を与えトレーニング効果を高めてくれます。
ヨガは腹式呼吸を基本に行います。鼻から息を吐いてお腹をへこませ、吸う息ではお腹をふくらませていきます。副交感神経が優位になることで瞑想の状態を作り、リラックスやストレス解消の効果を高めていきます。

ピラティスかヨガか、選び方のポイント

ピラティスを始めようかヨガを始めようか迷っている方は、なりたい自分や目的に合わせて選んでみるのはいかがでしょうか?

ピラティスをおすすめしたい方

・ボディラインを美しく整えたい
・身体を鍛えたい
・運動不足を解消したい
・姿勢のゆがみを改善したい
・ダイエットしたい

ヨガをおすすめしたい方

・リラックスしたい
・身体だけでなく心のバランスも整えたい
・ダイエットしたい
・深い呼吸で自律神経の働きを整えたい
・身体を動かすことに慣れたい

身体を美しく健康的に鍛えたい・身体の歪みを整えたい方はピラティス、身体と一緒に心も整えたい・リラックス効果や内側からしなやかな心と身体を育てたい方はヨガを始めてみてはいかがでしょうか。

●ヨガとピラティスの似ているところは?

ピラティスとヨガには似ているポーズや共通する効果もたくさんあります。ピラティスでもストレス解消やリラックス効果を得られますし、ヨガにも身体の芯を安定させ、きれいな姿勢へと整える効果があります。最後にピラティスとヨガの共通点をご紹介していきます。

・深い呼吸を行うことで頭がクリアになり、精神的にリラックスできる
・自分自身を見つめる時間を作ることができる
・身体が柔軟になるため、ケガを予防することができる
・引き締まった身体になる
・正しい姿勢がキープできるようになり、身体の歪みを整える(肩こり、腰痛の改善など)
・新陳代謝が活発になり、肌の調子や腸の働きを内側から整える

●まとめ

このようにピラティスやヨガは身体の歪みを取り除くことで、滞っていたものが排出され、心身ともに健康に導いていきます。
どちらも継続することで効果を感じられるので、生活の中にうまく取り入れていきたいですね。

執筆者:講師D

指導歴8年のINSPA社員。
‣保有資格
INSPA,CALDOグループ認定インストラクター
全米ヨガアライアンス200時間
シニアヨガティーチャートレーニング レベル1
‣指導実績
常温スタジオ、ホットヨガスタジオでのスタジオ指導
累計スタジオレッスン本数600本

関連記事

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

スケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2ご予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(手ぶら体験の場合は体験料に含まれております。必要な方のみお持ち下さい)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(手ぶら体験の場合は体験料に含まれております。必要な方のみお持ち下さい)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

上信越

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部・東海

近畿

中国・四国

九州

沖縄