お問い合わせ

体験予約

朝ヨガとは
-一日をすっきりと始められる朝ヨガの魅力-

朝の時間の過ごし方は、一日のコンディションを左右する大切な時間です。朝の時間にヨガを行うことで、すっきりすることができ、気持ちの良いスタートを切ることができます。
朝は忙しくてヨガにあてる時間がないという人も、ベッドや布団の中で行えるものもあるので試してみてはいかがでしょうか。ベッドからなかなか出られないというときにも、朝ヨガは効果的です。

朝ヨガの効果

朝ヨガのおもな効果には、次のようなものがあります。

・すっきりとする
眠っているあいだに優位になっている副交感神経が、朝ヨガを行うことで交感神経への切り替えがスムーズに行われます。ヨガの深い呼吸を意識することで、朝の新鮮な空気を取り込み、すっきりすることができます。自律神経が整えられることで、体が目覚め、頭がクリアな状態になるため、集中力アップや仕事の効率化が期待できます。

・体が温まる
寒い日の朝は、布団から出るのも一苦労で、なかなか起きられないことも珍しくないでしょう。ベッドの中で朝ヨガを行うことで体が温まり、起きやすくなります。

・基礎代謝アップによる脂肪燃焼効果
起きた直後は、一日のうちで最も体温が低い時間です。起床直後は低血糖の状態なので、脂肪が燃えやすい時間でもあります。朝ヨガで体を温め、基礎代謝を上げることで脂肪燃焼効果が期待できます。

・骨盤矯正
骨盤は、朝の骨盤が閉じている状態から、夜にかけて徐々に開いていきます。デスクワークなど、座りっぱなしの状態が続くと骨盤が開きやすく、骨盤を固定する筋肉や内臓を支える筋肉が衰えてしまいます。そのため、内臓の位置が下がり、下半身に脂肪がつきやすくなってしまいます。最も骨盤が閉じやすい朝の時間にヨガを行うことで、骨盤矯正がしやすくなるのです。

・排泄を促す
夜間に消化が行われ、朝は排泄する時間です。朝ヨガを行うことで、消化・排泄器官を刺激するため、便秘に悩む人にもおすすめです。

朝ヨガを行うタイミング

朝ヨガには、ベッドの中で行うポーズと、起床後にマット上で行うポーズがあります。マット上で行う場合には、内臓が刺激されて気分が悪くなることを防ぐためにも、朝食前のタイミングが最適です。
体の覚醒を促すためにも、まずは朝日を浴びて、体内時計をリセットしてから朝ヨガを始めましょう。

朝ヨガにおすすめの5つのポーズ

心身をすっきりとさせ、気持ちの良い一日を始めるために、朝ヨガにはどんなポーズが最適なのでしょうか。朝ヨガにおすすめの5つのポーズをご紹介します。

赤ちゃんのポーズ

赤ちゃんのように小さく身を縮める赤ちゃんのポーズは、おなかに溜まったガスを外に出すのに効果があるガス抜きのポーズです。整腸作用に優れており、ベッドの中で手軽に行えます。

1. 仰向けになり、両ひざを折り曲げて上体に引き寄せて両腕で抱えます
2. 赤ちゃんがお母さんのおなかの中で丸まっている姿をイメージして、息を吐きながら頭を上げ、ひざに近づけます
3. そのままゆっくりと呼吸をしましょう

ワニのポーズ

腹部をねじり、腰と背骨に刺激を与えるワニのポーズは、大腸や小腸の働きを促します。腰痛予防にも効果があり、ウエスト周りの内臓脂肪にも働きかけます。これもベッドで行えるポーズです。

1. 仰向けになり両腕を肩の高さで横に伸ばし、手のひらは下に向けます
2. 息を吸いながら、右足を天井に向けて持ち上げます
3. 息を吐きながら、下半身を左へねじって右足を倒します
4. 顔は右に向け、そのままゆっくりと呼吸をしましょう
※1~4を1セットとし、反対側も同様に行います

チャイルドポーズ

ヨガのベーシックなポーズのチャイルドポーズは、リラックスや疲労回復効果が期待できます。体を徐々に目覚めさせるため、朝ヨガに最適なポーズです。

1. 正座をしたら、骨盤の真上に頭がくるように姿勢を整えます
2. 息を吐きながら、肩や首はできる限りリラックスした状態で手を前方に滑らせて体を倒していきます
3. そのままゆっくりと呼吸をしましょう

ダウンドッグのポーズ

ダウンドッグのポーズは、手と足でバランスをとりながら体を大きく動かしますので、高いストレッチ効果が期待でき、疲れにくい体へと導きます。血液の循環を促進し、集中力を高めるため、すっきりとした気持ちで仕事に向かえるのではないでしょうか。

1. 肩幅に手を広げ、足は腰の幅に開いた状態で四つん這いになります
2. 両手を前方に移動させながら両足のつま先を立て、ゆっくり息を吐きながら腰を持ち上げていきます
3. 腰を伸ばして、体とマットで三角形を作った状態をキープしながらマットを押し返します

ダウンドッグのポーズ

詳しくはこちら
ダウンドッグのポーズ

太陽礼拝のポーズ

太陽礼拝のポーズは、連続した12のポーズをとることで「一日の始まりに太陽に挨拶し、その恵みに感謝する」という意味を表す、ヨガの基本ポーズです。全身を活性化させ、ストレス解消効果もあります。

1. まっすぐに立ちます
2. 息を吸いながら両手を天井に向かって伸ばし、拝むように合わせます
3. 息を吐きながら両手を下ろし、ゆっくりと床につけます
4. 息を吸いながら左足に重心を移動し、左足に体重をかけながら右足をゆっくり後ろに伸ばします
5. 息を吐きながら左足を後方に伸ばし、ダウンドッグのポーズをとります
6. 息を吸い、また吐きながらひざを床に近づけます
7. 息を吸いながら手のひらで床を押して上半身を起こし、同時に足を後ろに伸ばします
8. 息を吐きながら足の裏を床につけ、ダウンドッグのポーズに戻します
9. 息を吸いながら右足に重心を移動し、右足に体重をかけながら左足をゆっくり後ろに伸ばします
10. 息を吐きつつ左足を前に戻しながら、両足をそろえます(3と同じポーズ)
11. 息を吸いながら両手を天井に向かって伸ばし、拝むように合わせます(2と同じポーズ)
12. 最初の姿勢に戻ります

太陽礼拝のポーズ

詳しくはこちら
太陽礼拝のポーズ

朝ヨガで気持ちの良い一日をスタート

朝ヨガは自宅で簡単に行うことができますが、スタジオのプログラムに参加したり、朝活イベントに参加したりして行うという方法もあります。
朝ヨガで体の調子を整えることで、すっきりした気分で一日を過ごすことができるので、朝起きるのが苦手な人も習慣にしてみてください。

その他のヨガの種類を見る

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

各店舗のスケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(レンタルウェアもございます。
レンタル付きの会員プランも有)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(レンタルタオルもございます。レンタル付きの会員プランも有)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

上信越

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部・東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄