体験予約

ホットヨガの初心者が注意すべきことは?

ホットヨガに興味を持たれた方は、まず体験レッスンの受講から! 毎日行うと効果が出にくくなってしまうと言われる筋肉トレーニングとは異なり、毎日レッスンを受けても効果は下がらないホットヨガ。通いやすい曜日や時間帯、興味のある体験レッスン内容で選んでみるといいですね。

ここでは、ホットヨガの初心者が体験レッスンに参加する場合に注意するとよいことをご紹介していきます。

体験レッスン当日は早めに行くこと

通常、体験レッスンの予約は電話やインターネットで取ります。体験当日はレッスン前にホットヨガについての説明があるため、「体験レッスンの時間より少し早めに来てください」、と言われることが多いようです。余裕を持ってスタジオに行くようにしましょう。

レッスン室、その他の設備などの見学や入会についての質問がある場合には、できる限りレッスン前にするのがおすすめです。汗をかいたホットヨガのレッスン後はシャワーや着替えが必要なので慌ただしく、ゆっくりと見学するのが難しいことがあります。

申し込み手続きはレッスン後に

体験レッスン後にそのまま入会したいと考えるのであれば、あらかじめインターネットや電話で入会に必要なものを調べたり聞いたりしておくことをおすすめします。体験レッスンの日はレッスン前後の少なくとも1時間はスケジュールを確保しておくほうがよいでしょう。

レッスン前には注意事項や進め方の説明が、入会したいと思った際には申込書の記入やコースの確認、月額料金の振替手続き、入会の説明やホットヨガに必要なものの説明などがあります。

体験レッスンは至れり尽くせり

体験レッスン料の中には、通常バスタオルとフェイスタオル、ウェア(上・下)、ヨガマットなどのレンタルが含まれており、体験レッスンはホットヨガの初心者でも気軽に参加できる準備がされています。バスタオルとフェイスタオルは体験レッスン後も別途料金でレンタルすることも可能ですし、これらを持参する場合には、バスタオルは大判のもの、ウェアは手足がしっかり出る半袖と短パンを用意するようにしてください。

そして、ホットヨガは水を飲みながらレッスンを進めるのでミネラルウォーターを1リットル~2リットル程度、レッスン後には大量の汗で下着が濡れていることもあるので着替えを持っていくと便利です。

また、施設内には脂肪の燃焼に効果的なランニングマシンやエアロバイク、クロストレーナーといったフィットネスマシンも設置されていることがあるので、ホットヨガ後にこれらの体験をされる場合は、シューズ(運動しやすい内履きでも可)も必要になります。事前に十分な準備をして体験に臨み、初めてのホットヨガを楽しみましょう。

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

各店舗のスケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(レンタルウェアもございます。
レンタル付きの会員プランも有)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(レンタルタオルもございます。レンタル付きの会員プランも有)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄