体験予約

鋤のポーズ
の正しいやり方と効果

腰や足より頭の位置が低くなる逆立ちのようなポーズを「逆転のポーズ」と呼びます。鋤(すき)のポーズも逆転のポーズの一種で、難しいポーズが多い逆転のポーズの中では、比較的難度の低いポーズです。
ここでは、鋤のポーズの効果や行うときのポイントをご紹介します。

鋤のポーズ

鋤のポーズ名前の由来

サンスクリット語で、鋤は「ハラ」といい、鋤のポーズは「ハラアーサナ」と呼ばれています。ポーズが鋤の形に似ていることから、この名前がつけられました。
現代の生活ではなかなか見かけることはありませんが、鋤は土を耕すための道具で、シャベルやボートのオールに似た形をしています。

鋤のポーズの効果

鋤のポーズには、逆さまになることにより、内臓の位置を正常に戻したり骨盤を引き上げたりするなど、さまざまな効果が期待できます。

1. 内臓機能の正常化

逆さまになることにより、内臓が正常な位置に戻り、下垂が改善されます。内臓が正しい位置に戻ることで、内臓機能の正常化につながり、便秘や下半身太りの解消にも効果があるといわれています。また、骨盤への圧迫が緩和されることにより、生理不順の改善も期待できます。

2. 血行促進によるむくみ解消

頭より高い位置に足を置くことで、日常ではあまり使わない筋肉が刺激されます。それによって血行が促進され、むくみの解消にもつながるといわれています。また、冷え性の緩和効果も期待できます。

3. ホルモンバランスが整う

逆さまになることで脳が活性化され、ホルモンバランスの安定が期待できます。そのため、心が穏やかになり、ストレス解消にもつながるといわれています。

4. 体幹が強化される

逆転のポーズは、体幹の強化にもつながります。体幹が強化されることにより、姿勢の改善やぽっこりおなかの解消にも効果的です。体幹を鍛えるためには、反動でポーズをとらないようにすることが大切です。

5. 疲労が回復する

動きはアクロバティックですが、ポーズ後に心地良い脱力感が味わえるため、疲労回復効果が期待できます。ポーズに慣れて安定すると、ポーズをとりながらでもリラックスできるでしょう。継続することで疲れにくい体になるため、ヨガの最後にもおすすめです。

6. 自律神経を整える

不規則な生活やストレスにより、自律神経が乱れ、イライラしたり疲れやすくなったりします。背骨の周りに自律神経が通っているので、鋤のポーズをすることで、背骨が緩み、自律神経を整える効果が期待できます。

鋤のポーズの方法

鋤のポーズをするとき、肩から背中までがまっすぐに伸びていることが大切です。ひざを伸ばした状態がつらい場合には、無理に伸ばさずに曲げたままで行いましょう。腰から手を離すと不安定になってしまうときは、手を腰に添えたまま、肩から背中のラインがまっすぐになるようにサポートします。
食後、すぐに行うのは避け、ポーズをとっているときは、首は絶対に左右に動かさないようにします。
また、足先が床につかない場合には、体の下にブランケットなどを敷いて、頭の位置を下げた状態でポーズをとりましょう。

1. 仰向けの状態でひざを立て、手のひらを床につけて体の側面に下ろします
2. 息を吸いながら、両足を天井に向けて垂直に持ち上げます
3. 息を吐きながら、両足を頭側へとゆっくりと倒していきます
4. 足先を床につけてひざを伸ばします
5. 姿勢をキープしたまま、ゆっくりと呼吸をしましょう
6. 息を吐きながら、腹筋を意識しながらゆっくりと元の状態に戻します
7. 呼吸を整えましょう

<美しいポーズをとるポイント>
・両足のかかとは、床に近づけるイメージで伸ばします
・足を上げるときは、二の腕の外側で床を押して、肩甲骨を胸のほうへ押すようにします
・呼吸を止めないように気を付けましょう

鋤のポーズをするときに気を付けたいこと

首には多くの神経が通っているため、鋤のポーズは正しいポーズで行うことが大切です。間違った方法で行うと、首に負担がかかってしまうことがあるため、初めて行うときはインストラクターの指導のもとで行うのがおすすめです。マットレスなど柔らかい場所ではなく、安定したヨガマットの上などで行いましょう。

また、次のような症状がある場合には鋤のポーズを行わないようにしてください。

・首や肩のトラブル
・高血圧症
・緑内障や網膜剥離
・生理中

鋤のポーズを寝る前に行うことでリラックス効果も

鋤のポーズには、副交感神経を優位にして、心身を安静に導く効果があります。そのため、就寝前に行うことで寝付きが良くなり、睡眠の質も高めてくれます。
ほかにも、デスクワークなど、座りっぱなしの状態で足がむくんでしまったときに行うのもおすすめです。足を床につけるために反動をつけてしまいがちですが、危険なので絶対にやめましょう。

他のヨガのポーズを見る

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

各店舗のスケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(レンタルウェアもございます。
レンタル付きの会員プランも有)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(レンタルタオルもございます。レンタル付きの会員プランも有)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄