体験予約

鷲のポーズ
の正しいやり方と効果

全身のストレッチ効果がある鷲のポーズ

ヨガの鷲のポーズは、片足立ちで行うため、体幹やバランス感覚が必要となるポーズです。足首やふくらはぎ、肩や背中などのストレッチ効果が高く、全身のこりの解消につながるポーズです。
ここでは、鷲のポーズについて詳しくご紹介します。

鷲のポーズ

鷲のポーズの由来

鷲のポーズは、サンスクリット語で「ガルダ・アーサナ」と呼ばれています。ガルダとは、サンスクリット語で鷲、アーサナはポーズという意味があります。
その名のとおり、両手と両足を絡めながら腰を沈めるポーズが、鷲が止まり木に止まっている姿を連想させることが由来になっています。

鷲のポーズで得られる効果

鷲のポーズは全身のストレッチ効果から、血行を促進するため、冷え性の改善にもつながります。ほかにも、肩こりや腰痛の予防など、さまざまな効果が期待できます。
ここでは、鷲のポーズで得られる効果についてご紹介します。

1. 冷え性の改善

鷲のポーズは、上半身から下半身までしっかり動かすことで、全身の筋肉をまんべんなく使うため、全身の血行が促進され、冷え性の改善に役立ちます。血流が促進されることにより、むくみの解消にもつながるため、デスクワークや立ち仕事の人にもおすすめです。

2. 肩こりや腰痛の予防

鷲のポーズには、肩や背中の上部のストレッチ効果が期待できるため、こり固まっていた筋肉がほぐされ、肩こりや腰痛の予防・改善効果につながるといわれています。なお、肩や腰の力を抜くことで、片足立ちでバランスが保ちやすくなります。

3. 集中力の向上

鷲のポーズは、バランスをとることが難しいポーズのため、集中力の向上にも効果があるといわれています。また、バランス感覚の向上や心身を整えることにもつながります。

4. 骨盤を閉める

鷲のポーズには、骨盤を閉める効果があるといわれています。骨盤は、時間帯や生理時期などにより、日々開閉を繰り返していますが、デスクワークなどで座っている時間が長くなると、うまく閉まらなくなることがあります。骨盤が開きっぱなしの状態になると血流が悪くなり、むくみや下半身太りの原因になってしまいます。

鷲のポーズの方法

ここでは、鷲のポーズを行う方法をご紹介します。ひざや股関節に痛みがある場合は上半身だけで行うか、足を絡めるのではなく、足を組むところまで行うようにしましょう。また、軸足に絡めた足のつま先をブロックのような台の上に置いたり、床につけたりするだけでも負担を軽減することができます。

<ポーズの手順>
1. 肩幅に足を開いて立つ
2. ひざを少し曲げて、左の太ももを指が床へ向くようにして右の太ももの上に重ねる
3. 両腕を前方に伸ばし床と平行にし、右腕を左腕の上に乗せるようなイメージで腕をクロスさせる
4. 腕をクロスさせたまま肘を90°に曲げて、右手の甲と左手の甲を合わせる
5. 腕を曲げたまま手首をひねり、手のひらを合わせる
6. この姿勢のまま15〜30秒間制止する
7. 左右を入れ替えて1〜6を行う

鷲のポーズを行うときのポイント

鷲のポーズは、初心者にとってはバランスをとるのが難しいポーズです。そのため、体が硬い人や不安定になってしまうときには、足や手に引っ掛けて柔軟性を高めるための「ヨガストラップ」などを使うのがおすすめです。また、クロスして上げた足をふくらはぎに巻き付ける代わりに、上げた足の親指で床を押してバランスをとるだけでも大丈夫です。

まずはポーズに慣れる

鷲のポーズは、難度はそれほど高くはありませんが複雑なポーズなので、ポーズに慣れるまで時間がかかります。腕や足をうまく絡めることができない場合には、まずはポーズに慣れることを心掛けましょう。片足立ちで不安定になるため、転倒には十分に注意してください。

足の指先を意識してバランスをとる

姿勢が安定しないときは、軸足の重心が偏っていることが考えられます。軸足の指先までしっかりと床を踏みしめる感覚を持つと、姿勢が安定します。また、両足の内ももをぎゅっと寄せ合うことを意識してからひざを深く曲げると、安定してポーズがとりやすくなります。

左右の高さを均等に保つ

鷲のポーズでは、左右の骨盤の高さを均等に保つことや、肩甲骨を広げて背中を開くこともポーズを効果的に行うためのポイントです。

骨盤を意識する

鷲のポーズでは、足を絡めるときにお尻が前に突き出しやすくなりがちです。お尻が前に出ることで、体が回転してバランスがとりづらくなってしまうので、足のつけ根を意識的に後ろに引くように意識しましょう。骨盤やおへそを正面に向けることを意識するとバランスがとりやすくなります。

鷲のポーズを習慣化して毎日をいきいきと過ごそう

鷲のポーズの効果や方法をご紹介しました。鷲のポーズを日常的に行うことで、現在抱えている体の不調や精神の安定にもつながるのではないでしょうか。
初めて挑戦する場合、足を巻き付けたり片足でバランスをとったりするのが難しいと感じるかもしれませんが、できる範囲で少しずつ挑戦してみましょう。

他のヨガのポーズを見る

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

各店舗のスケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(レンタルウェアもございます。
レンタル付きの会員プランも有)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(レンタルタオルもございます。レンタル付きの会員プランも有)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

上信越

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部・東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄