体験予約

弓のポーズ
の正しいやり方と効果

弓のポーズは背中美人への第一歩

背中を中心に全身をしっかりと伸ばすため、美しい後ろ姿へと導く弓のポーズ。また、胸を開いて肩周りをしっかりと動かすことで、深い呼吸にもつながります。
ここでは、弓のポーズの効果や方法などについて、詳しくご紹介します。

弓のポーズ

弓のポーズの由来

弓のポーズは、サンスクリット語で「ダヌラーサナ」と呼ばれ、弓を意味する「ダヌ」とポーズを意味する「アーサナ」を組み合わせた言葉です。弓のように体をしならせることからその名がつけられました。

弓のポーズの効果

弓のポーズをとる際には、背中をしっかり反らせます。胸を開きながら反らせることで、デコルテのストレッチ効果も期待できます。そのほかにも、弓のポーズには次のような効果が期待できます。

1. 姿勢改善

弓のポーズは、猫背の矯正や姿勢改善につながるといわれています。デスクワークなどで肩が内側に入り、猫背になりがちな人にもおすすめです。肩や胸、腰周りの柔軟性を高める効果もあるため、ストレッチ効果も期待できます。

2. 肩こり解消

弓のポーズは、肩甲骨をしっかりと後ろに引くため、肩の筋肉がほぐされて、肩こり解消も期待できます。パソコン操作などで硬くなった筋肉も緩みますので、だるさや重さなどの倦怠感をスッキリさせたい人にもおすすめです。

3. 呼吸改善

弓のポーズは、呼吸が浅くなりがちな人にもおすすめのポーズです。体をしっかり反らせて胸を開くことにより、深く呼吸をすることができます。呼吸が深まることによって、気分がスッキリするという効果も期待できます。

4. ヒップアップ

弓のポーズは、背中だけでなくお尻や内腿の筋肉を使ってポーズをとります。太ももの内側の筋肉「内転筋」の衰えや、骨盤の開きはヒップが垂れ下がる原因となりますが、弓のポーズは内転筋を鍛えて、開いた骨盤を矯正する効果があるため、ヒップアップにつながるといわれています。また、内転筋を鍛えることは、O脚改善効果も期待できます。太ももの前や外側のハリに悩む人にもおすすめです。

弓のポーズの方法

ここでは、弓のポーズの方法をご紹介します。腰だけで体を反らすと腰痛の原因になってしまうので、肩甲骨から反らせるようにしましょう。初心者でもトライできるポーズですが、難しいときにはおなかの下に丸めたブランケットを置くなど、体への負担を軽減する工夫をして、無理のない範囲で行いましょう。

<ポーズの手順>
1. うつ伏せに寝る
2. 両足首をつかむ
3. 足を後ろに引きながら、上半身を反らして体を起こす
4. 足・胸・ひざを高く引き上げてキープする

弓のポーズをとるときのポイント

弓のポーズは、肩甲骨や背中だけでなく、おなかも伸ばす動きが必要となります。体の柔軟性が必要となるポーズなので、難しい場合には無理せずに少しずつ練習するようにしましょう。練習するうちに、ストレッチとしての効果も発揮され、徐々にポーズがとりやすくなっていきます。また、どうしても難しい場合には、横になり弓のポーズをとると、やりやすくなります。
その他に、弓のポーズをとるときのポイントをご紹介します。

肩甲骨を寄せる

上体を起こすときは、勢いをつけて起き上がるのではなく、肩甲骨を寄せて背筋をほぐすような感覚を持つことでポーズがとりやすくなります。背筋や頭、足は後ろに引っ張られるように、顔は下を向かないように前を見つめることを意識しましょう。

空気を背中に入れる意識を持つ

弓のポーズの際にはおなかを床につけるため、空気が吸いづらくなる感覚があるかもしれません。その場合、呼吸を背中に入れるように意識を持つことで、呼吸がしやすくなります。ポーズをとりながら腹式呼吸をすることで、内臓が刺激され、便秘の改善効果も期待できます。

できないときは片足ずつポーズをとる

両足を持ち上げることが難しい場合には、片足ずつポーズをとり、太ももを伸ばす感覚を覚えていきましょう。持ち上げた足を後ろに蹴るようにして力を入れながら、手で引っ張るのがポイントです。
これは別名、「片足の弓のポーズ」と呼ばれるヨガポーズです。

弓のポーズを朝の習慣にしよう

弓のポーズのように体を反らせる動きは、朝に行うことで体を目覚めさせて体をスッキリとさせてくれます。後ろ姿はあまり自分では見ることがないため、気付かないうちに贅肉がついてしまっていることもありますが、弓のポーズをとることで、引き締まった背中やお尻を手に入れることができるはず。
やる気が出たり前向きな気分になれたりする効果も期待できるので、朝の習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

他のヨガのポーズを見る

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

各店舗のスケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(レンタルウェアもございます。
レンタル付きの会員プランも有)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(レンタルタオルもございます。レンタル付きの会員プランも有)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

上信越

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部・東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄