体験予約

初心者でもできる逆転のポーズ
「うさぎのポーズ」

ヨガのポーズには、倒立のように頭を下にした状態で行う逆転のポーズがあります。逆転のポーズは、通常のヨガポーズに比べて難度が高いといわれていますが、その中でも「うさぎのポーズ」は、ヨガ初心者でも挑戦しやすいといわれています。
ここでは、うさぎのポーズの効果や手順のほか、効果的に行うためのポイントについてご紹介します。

うさぎのポーズ

うさぎのポーズの由来

うさぎのポーズは、サンスクリット語で「シャシャンカーサナ」といいます。「シャシャンカ」には「うさぎ」という意味があります。
うさぎのポーズは、正座の姿勢から頭頂部を床につけ、両腕を上げたポーズです。上げた両腕がうさぎの耳のように見えるため、この名前になったといわれています。

うさぎのポーズの効果

うさぎのポーズは、30秒ほどで行うことができる簡単なポーズですが、思考がすっきりとしたり表情が明るくなったりと、リフレッシュ効果が期待できます。これは、頭頂部のエネルギーポイントと呼ばれる「百会(ひゃくえ)」を刺激するためです。百会は、多くの「気(血液)」が出合う部位といわれており、ここを刺激することによって、眼精疲労やそれに伴う頭痛などの改善が期待できるのです。
それでは、うさぎのポーズで得られる効果を、詳しく見ていきましょう。

目の疲れや頭痛・肩こりの改善

仕事で毎日パソコン作業をしているという方はもちろん、現代人はスマホの普及によって画面を見る時間が増えています。
そのため、眼精疲労やそれに伴う頭痛や肩こりに悩まされている方も少なくありません。
うさぎのポーズは眼精疲労を癒やす効果が期待でき、目の疲れや肩こりの解消によって、思考や表情がすっきりとします。

リラックス効果

うさぎのポーズは、自律神経の乱れにも作用するといわれています。副交感神経のスイッチを入れることでリラックス効果を得られるため、ストレスや不眠症などの解消が期待できるのです。
そのため、うさぎのポーズは就寝前に行うことで、良質な睡眠につながるといわれています。

おなかや背中の引き締め効果

うさぎのポーズは、腹部のインナーマッスルの強化にも効果が期待できます。継続することで、おなかや背中の引き締め効果にもつながります。

うさぎのポーズを行う手順

ここからは、うさぎのポーズを行う手順を見ていきましょう。
ヨガマットやバスタオルを敷いた上で行うことで、ひざや脚への負担を軽減できます。

<ポーズの手順>
1. 正座の状態からスタートする
2. 額を床につけ、両手を腰の後ろで組む
3. ゆっくりと息を吐きながら頭頂部を床につけて、お尻を持ち上げる
4. 腰がひざの上にくるような姿勢になったら、脚全体で床を押して下半身を安定させる
5. 息を吸いながら、組んだ両腕を天井方向へ伸ばす
6. 深い呼吸を30秒ほど繰り返す。頭頂部への程良い刺激や、両腕や背中が伸びていることを感じながら行う
7. 息を吐きながら両腕を腰の後ろに戻し、ゆっくりと元の姿勢に戻る

うさぎのポーズを効果的に行うためのポイント

うさぎのポーズをより効果的に行うためのポイントをご紹介します。

呼吸を意識してゆっくり行う

すべてのヨガのポーズに共通していえることですが、急がずにゆっくりと呼吸に集中しながら取り組むことが大切です。
ポーズを行う回数は1回でもOKです。無理をせず、1回のポーズに十分に集中して行いましょう。

無理に腕を上げなくてもOK

うさぎのポーズは首に負担がかかりやすいため、できる範囲で行いましょう。痛みを感じたらすぐにやめ、無理をしないように注意して取り組みましょう。腕を上げるときに頭頂部や腰の位置が動いてしまう場合は、無理に腕を上げようとしなくても問題ありません。

うさぎのポーズをするときに気を付けたいこと

うさぎのポーズは初心者でも実践しやすいポーズですが、いくつかの注意点があります。
特に首周りに負担がかかりやすいポーズであるため、十分に注意して取り組みましょう。

勢いに任せて腕を上げない

勢いに任せて腕を上げる動作をしないように、ゆっくりと行います。うさぎのポーズの両手を上げる動作は、肩や背中の筋肉をほぐして、肩こりの解消にもつながりますが、床から手を離すときに首や頭部に痛みを感じることもあります。無理をせず、腕を上げないポーズで完成としましょう。

顔を左右に向けない

頭頂部を床につけたら、顔は左右に動かさずに固定します。顔を左右に動かすと、首に強い負担がかかりやすく、痛めてしまうおそれがあるためです。目線をずらさないように注意して行いましょう。

生理中や貧血ぎみのときは控える

うさぎのポーズは血液を頭部に集中させるため、体調がすぐれないときや生理中、貧血ぎみのときは行わないようにしましょう。

うさぎのポーズで手軽にリフレッシュ!

目の疲れや肩こり、不眠などの悩みがある方は、初心者でも行いやすいうさぎのポーズを実践してみてはいかがでしょうか。呼吸を意識しながらじっくりと行うことで、リフレッシュ効果が得られるでしょう。 朝起きたときや寝る前などの習慣にすることもおすすめです。

他のヨガのポーズを見る

ホットヨガ体験予約

お申し込みの前に体験レッスン〜入会の流れをご覧ください。

体験レッスン〜入会の流れ

1プログラム・スケジュールを確認

各店舗のスケジュールをご覧いただき、体験したいプログラムと日時を決めましょう。

2予約

Webフォームまたはお電話にてご予約ください。

3スタジオご来店

プログラム開始の30分前までにスタジオにお越しください。
フロントにて体験レッスンの旨をお伝えいただければスタッフがご案内いたします。

レッスン時にご用意いただくもの+

Tシャツやハーフパンツ
Tシャツやハーフパンツ(レンタルウェアもございます。
レンタル付きの会員プランも有)
長袖だと汗を吸って動きにくくなってしまいますので、体温のこもりにくい、
袖や丈の短いウェアをお勧めします。
バスタオル
バスタオル(レンタルタオルもございます。レンタル付きの会員プランも有)
足元に敷いてヨガのポーズをとるので、大きめのバスタオルをご用意ください。
また、シャワー用にもう一枚ご用意いただくことをお勧めします。
※足元に敷くのはヨガマットでも構いません。
1~2リットル程度のお水
1~2リットル程度のお水(店舗により水素水が飲めるオプション有)
発汗量が多いので、こまめに水分補給を行います。
しっかりした水分補給を行うことで、デトックス効果も高まります。お茶には利尿作用があり、せっかく摂った水分が排泄されてしまうので、お水がお勧めです。
※店舗で販売もございます。
下着の替え一式
下着の替え一式(必須!!)
大量に汗をかくので、レッスン時に着ていた下着では帰れませんね。
どうかお忘れなく。

4体験レッスン

カルドの体験レッスンをお楽しみください。
初心者の方でも楽しめるように、インストラクターが丁寧に指導いたします。
不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

5レッスン終了後

レッスン後は、シャワールームやパウダールームでリフレッシュ。
※店舗によって施設が変わります。

6入会手続き

30~40分を目安とさせて頂きます。
入会手続きには、初期費用・公的証明書・金融機関のキャッシュカードが必要になります。
(初期費用の金額は、キャンペーンによって変わってまいります)

ご利用のエリアをお選びください

北海道

東北

東京

神奈川

埼玉

千葉

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄